畳表のできるまで

皆さんのお家にある畳に使われている畳表は、こうやって作られています。

いぐさのできるまで

寒い冬に植え付けて熱い夏に刈り取ります。

苗堀り

1.苗堀り

8月に畑(苗床)に植え付けられた苗を掘り出し水田苗床へ植付け育苗します。それを11月下旬に掘り出し、本田植え付け株用に根切り、株分けの調整をします。


植え付け

2.植え付け

調整された苗は、12月上旬からいぐさ移植機等で植え付けます。


先刈り

3.先刈り

5月上旬ごろ、根元まで日光が当たるよういぐさの先端を刈り払って、新芽の発芽を促します。(収穫45日前後頃に出る芽が長くて高品質のいぐさになります。)


網張り

4.網張り

いぐさは、150cm以上に伸長するので倒れないよう水田全体に網を張ります。


収穫

5.収穫

6月下旬から7月中旬にかけ、良く生育し充実したいぐさを刈り取ります。刈り取り時間帯は、気温が高くない、早朝や夕方です。


泥染め

6.泥染め

刈り取られたいぐさは、その日のうちにいぐさ独特の色、香り、光沢を出すため、天然染土を使って泥染めを行います。その後、乾燥機で感想させます。


畳表ができるまで

毎日1枚1枚心を込めて織り上げます。

製織

7.製織

感想されたいぐさは、長さごとに選別し、傷、太さのチェックをして一枚一枚畳表に織り上げていきます。


仕上げ

8.仕上げ

製織された畳表は、一枚一枚織り傷がないかなどをチェックする仕上げを行います。


検査

9.検査

高品質の畳表をお届けするため、熊本県畳表検査規格(自主規格)に基づいた厳しい検査を受けています。検査に合格した畳表には検印が押され、高品質の畳表であることが保証されています。


出荷

10.出荷

国産表示シールや製品表示票等をつけて、全国に出荷されています。


いぐさの水虫菌に対する抗菌作用「染土」て何?

染土は、淡路島産や広島県産の良質の天然粘土が使用されています。
染土で泥染めすることで、表面をコーティングし、均一に感想するよう出助けします。また、茎表面の葉緑素の酸化を防ぐので、青く新鮮な状態を長く保つことができます。
畳表独特の香りも、染土を使うことで、生じます。